兵庫の事例(歯科医院内装・改装)

  1. ファサード・夜の表情(下田歯科医院)

  2. ファサード・昼の表情(下田歯科医院)

  3. 受付けの内装工事事例(下田歯科医院)

  4. 玄関の内装工事事例(下田歯科医院)

  5. 下駄箱の内装工事事例(下田歯科医院)

  6. 待合室の内装工事事例(下田歯科医院)

  7. 診察室の内装工事事例(下田歯科医院)

  8. 待合室の内装工事事例(きたがわ歯科クリニック)

  9. 受付の内装工事事例(きたがわ歯科クリニック)

  10. 診察室の内装工事事例(きたがわ歯科クリニック)

  11. 診察室の内装工事事例2(きたがわ歯科クリニック)

  12. 診察室の内装工事事例3(きたがわ歯科クリニック)

兵庫県の歯科内装・改装・リフォーム事情

兵庫県での改装。
兵庫県と言ってもかなり広い範囲になるかと思います。

ただ、どこの地でも言える事。
これは占いでも何でも無く、今までの統計的考察です。
それは、縁の無いところでは開業出来ない。

そもそも、開業を考える事が出来る人でさえも一握りと言う事は頭の片隅に置いておいてください。
色々な事情で開業すら「考える事の出来ない」方が多いのが現実です。

「開業なんてお金を借りたら誰でも出来る」なんて言うのは本当の歯科医院の事情を知らない人が言う事。
机上の空論ばかりの税理士やコンサルが言う事です。

そして、全ての人が「開業」というリスキーな事をしたがらないのも事実。

話しは逸れましたね。

これは兵庫県に限った事ではありませんが
歯科医院を作るにも地域性を見極める必要があります。

神戸市でも中央区のようなビジネス街での歯科医院
芦屋区や東灘区の様な閑静な住宅街での歯科医院
尼崎市や西宮市のような下町の歯科医院
北区や西宮でも山手側の様な新興住宅街での歯科医院

全て特徴が分かれます。

ただ、プランニングボックスでデザインする上で気を付ける事は
受付や待合の様子は見えるけれども、全部が見えない。
そして受付〜待合室〜診察室への導線が滑らかで、スタッフと混同しない事。

受付や待合の様子の見せ方が、ポイントになってきます。

例えば
神戸市でも中央区のようなビジネス街での歯科医院
完全予約制は当然(時間通りに終わらないと仕事に影響がある)ですが、
比較的オープンな感じにするケースが多いです。

芦屋区や東灘区の様な閑静な住宅街での歯科医院
閑静な住宅街であれば、少し閉鎖的にはしますが完全に見えなくする事はありません。
地域的に口コミが非常に重要な地域だからです。
極端に言えば、乗っている車で「誰」と言うのが分かるくらい地域に密着しています。
なのでお金持ちが住んでいるから!と言って、全く地縁の無い人が開業するのは少し厳しい所です。
こういう所では運転資金は比較的多めに取っておく事が大切です。

尼崎市や西宮市のような下町の歯科医院
では、高級感よりも明るさと入りやすさを重視します。
この地域も口コミが多い地域と、全く口コミが起こらない地域があります。
単身世代(ワンルームマンション)が多い地域では、集客がネット頼りになってしまいます。

神戸市北区や西宮でも山手側の様な新興住宅街での歯科医院
では、子供さんが多い地域では、子供とお母さん向けと思われがちですが
最近は共働きの所が多いので、診療時間が大切です。

また、家を買うためにローンを組んでいるので自費よりも予防に注力した方が良いですね。
デザイン面では、外食する時にどんなところに行くか?を想定します。
そのよく行くご飯屋さんより少し高級な雰囲気にする。

 

色々なテクニックがありますが、これらは全て方法の一つ。

目的や状況が変われば、全く役に立ちません(笑)

方法の本質は、ある状況下で円滑に業務を進めるためにあります。

歯科医院を開業する。改装する、移転する
その場所や人の状況とドクターの目的によって最適な方法(デザイン)は変わってきます

それらを一緒に考えながら、より良い選択をするのがプランニングボックスという会社なのです。

兵庫・神戸の事例トップに戻る

工事業者でお困りの方へ

歯科医院内装豆知識ブログ

ページ上部へ戻る