歯科医院内装豆知識ブログ

歯科内装と坪単価及び相場について

歯科内装と坪単価及び相場について

今回は歯科内装の工事費について書いて見ようと思います。

よく「坪単価」を聞かれます。
コレに関しては様々な事がネット上で書かれていますよね?
なのである程度の情報はお持ちだと思います。

でも、自分の所をするとすればどうなんだろ?
と言う事が一番知りたい事ですよね?

なので、本当の事を言います。

ネットで調べてみると・・・
正直、プロからすると笑ってしまうような事しか書かれていません。
あたかも信頼性を出すために、見積書を出してココが、コレも!と書いて
自分の所に「相談」した方か良いですよ!的なページもあります。

ココでもポイントは「相談」
重要なのでもう一度言います「相談」です。

第三者的な立場で言っているつもりですが…
あ!これ以上は他社批判になるので辞めておきますね。

でも本当に酷い。

坪単価35万円とか平気で書いていますもんね。
それを見ると、見積もり屋さんで現場を見ていない人だと一瞬で分かりました。

的を得ている部分もありますが、全く得ていない所もあります。

特に分かっていない部分が、電気関係です。
冒頭の写真ですが、一件の歯科医院の分電盤の図面です。

これだけコンセントが必要な事を知りません。
例えばチェアー周りでも、パーティションにコンセントは欲しいですよね?
しかも、そのコンセントは下の方ではありませんよね?

出来ればスツールに座ったまま抜き差しが出来る高さ。
だいたい750ミリの高さになります。

下の方にコンセントがあったら抜き差しが大変じゃ無いですか?

さらに、メーカーによれば
チェアーサイドに置くパソコンは全て一回路で回して欲しいと言われます。
何かでチェアーのブレーカーが飛んでも、パソコンには影響が無いようにとの事です。

スタッフルームに電子レンジを置くなら、冷蔵庫や電気ポットと同じ回路を使わないとか?
換気扇の数もたくさん必要です。

こういう歯科とし当たり前に開業できる、設備を準備する事も
プロとしては当然の事です。

で、話は戻って…
坪単価の話ですね。

そういった当たり前を、お望みなら30坪で坪単価50万円くらいです。
コレには設計デザイン料、施工費、照明やエアコン等、別注家具が入った金額です。
チェアーや小器械は入りません。

坪数が40坪を超えると50万を切り、45万円くらいまでになります。
逆に8坪だったら坪100万は超えます。

つまり、最低限必要な設備は坪数が大きかろうと、小さかろうと必要なのです。
坪数が少なくなれば、その比重が高まり結果的に坪単価は高くなります。

坪数が大きくなると、比重が少なくなるので坪単価は下がります。

開業セミナーとかでも、嘘ばっかりです。
殆どがメーカー系なので、チェアーの値段や材料の値段を大目に見て
買わせるだけ買わせて、後は知らない。って感じですね。

総合的に値段を考えて、どれくらい資金が用意できるか?
その中でどの様にしていくか?
こういった相談なら私にお任せください(笑)

歯科の新規開業や歯科の移転、歯科の改装なら
総予算からご相談に乗る事が出来ます。

でも、私のコンサルは値段が高いので、ご注意ください(笑)

PS
この分電盤図も結構考えて書いています。
コンセントの数や位置を考えながら、同時に分電盤の中も考えます。
チェアーはチェアーでまとめたり、受付から順番に見られるように配置し、トラブルがあっても
他に影響が無く、しかも見やすい!

色んな、お伝えしていない技があるのです。<><>


関連記事

工事業者でお困りの方へ

歯科医院内装豆知識ブログ

地域別の歯科医院内装事例一覧

【事例】

大阪の歯科内装・改装事例 兵庫・神戸の歯科内装・改装事例 京都の歯科内装・改装事例

【読み物】

大阪の歯科内装・改装・リフォーム事情 兵庫の歯科内装・改装・リフォーム事情

よく検索されているキーワード

歯科医院内装歯科医院 開業歯科医院 坪単価医院 受付 デザイン歯科内装 大阪

坪数別で歯科医院改装事例を探す

10坪〜20坪(2)21坪〜30坪(0)31坪〜40坪(1)41坪〜50坪(0)51坪〜60坪(2)61坪〜70坪(0)71坪〜80坪(0)81坪〜90坪(0)91坪〜100坪(0)
ページ上部へ戻る