歯科医院内装豆知識ブログ

LEDライトを使う場合の注意点

実はLEDライト!何でも良いわけでは無いのです。
今回は少しこだわった内容なので、あまり興味の無い方はスルーしてくださいね。

今までのLEDライトって※演出評価値(Ra)が低すぎるんですよね。
白いライトを付けても、緑色に見えたりするのです。
「演出評価値ってなに?」
と言われる方もおられると思います。

実は照明器具には全て「Ra」と言われる物を測っているのです。
簡単に言うと、どれだけ正確に色を表現するか?と言う事です。

LEDが出だした頃、この評価値が低い物ばかりで大変でした。
なので色々なテクニックを使い、表現力を上げてたのです。

でも、今は値段さえ大丈夫であればこの演出評価値が高い物が手に入るようになっています。
蛍光灯を凌ぐ演出評価値の物まで出ているのでビックリです。

演出評価値について
panasonic.biz(外部サイト)

これをみると、Ra40とかだと本当に緑色になるんです(笑)

なのでなるべくRaが高い物を選ぶようにする事で、正確なシェードも見ることが出来る。

ふと、こういう記事を見つけた。
5800Kのらく見えモード採用の照明。
全灯時のLEDの光に不足していた青緑色の成分を補うことで、より太陽光に近い自然な光の波長特性を実現している
kaden.watch.impress.co.jp(外部サイト)

これはウソだと思います。

通常、LEDの場合「紫系」が不足する。
多分この照明は「明るさとコントラスト」を追究したのだと思う。
6000K近い照明なんて元で夜を過ごしたら、眠れなくなりますよ(笑)

頭が昼間だと勘違いしますからね。

一番重視しなければいけないのがRa、演出評価値。
その次が値段(^^)

歯科医院にもなると、大量の照明器具が必要になります。
なので値段も大切。

内装や改装をする際は、こういう所にも気を付けてデザインをしないとダメなのです。

ネタ元、画像引用元:panasonic.biz


関連記事

工事業者でお困りの方へ

歯科医院内装豆知識ブログ

地域別・坪数別の歯科医院内装事例

【事例】

大阪の歯科内装・改装事例 兵庫・神戸の歯科内装・改装事例 京都の歯科内装・改装事例

【読み物】

大阪の歯科内装・改装・リフォーム事情 兵庫の歯科内装・改装・リフォーム事情

【よく検索されているキーワード】

歯科医院内装歯科医院 開業歯科医院 坪単価医院 受付 デザイン歯科内装 大阪

【坪数別で歯科医院改装事例を探す】

10坪未満(1)10坪〜20坪(3)21坪〜30坪(1)31坪〜40坪(2)41坪〜50坪(2)51坪〜60坪(3)61坪〜99坪(2)100坪以上(0)
ページ上部へ戻る