歯科内装・開業に関するブログ

歯科開業医が年収を上げるためにスキル以外に必要なこととは?

歯科医院を開業することは、勤務医にとっては夢でもあると思いますが、
歯科業界では開業してこそ一人前とも言われている業界です。

コンビニよりも多く、歯科開業医は厳しくなる!とも言われているのですが、
実際には開業してしまえばそこそこやっていけてしまう業界でもあります。

ただし、ライバルは多くなっているので、
昔と違って開業すればすぐに患者さんが来るというわけではなく、
集患やブランディングなど今までと違って視点も考えていかなければ
長く生き残っていくのは難しいとも言えるでしょう。

これから開業を考えている先生、
もしくは歯科医師になろうと考えている人にとっては、
歯科開業医の年収は気になるところではないでしょうか。

中には歯科医師は儲からない。
開業しても年収300万円程度だと言っているところもありますが実際はどうでしょうか?
歯科開業医でもピンキリはもちろんありますので、年収に差はあるでしょう。

開業して年収を上げていくためには何が必要なのか?
もちろんスキルは必須なのですが、それ以外に重要な要素もあります。

この記事では、歯科医院を開業して年収を上げるために必要なことをお伝えしていきます。

【歯科開業医の年収はどれくらい?】

令和元年に厚生労働省の第22回医療経済実態調査で
歯科開業医の平均年収は1000万円以上という発表がありました。

このようにみると結構あるな!と思いそうですが、
個人開業と法人では平均年収が異なる結果となっています。

個人の開業医の場合は平均632万円となり、
医療法人となった場合の平均年収は1400万円となっています。
個人と法人での開きは結構大きいですね。

ただ、勤務医の平均年収は580万円程度と言われているので、
個人開業医でも勤務医時代より平均年収は上ということになります。
できれば平均年収よりも上をいきたいですよね。

【年収を上げるためにスキル以外に必要なこと】

患者さんの信頼を集めて定着してもらう為には
スキルを磨くことは当然のことなのですが、
開業医が年収を上げていくためには開業をスタートする前から決まってきます。
それは、「医院」です。

え?集患やマーケティングではないの?と思った先生もいると思うのですが、
それは開業してからの問題です。
もっとも大切なのは、医院の立地を含めた歯科医院の内装デザインにあります。

これは決して私が内装デザイナーだから言っているのではなく、
今まで多くの内装を手がけてきて感じていることです。

マーケティングをいくら駆使しても
作ってしまった内装を変えることは膨大な資本がかかってきますので
なかなか変更することはできません。
マーケティングや集患はいくらでも手段はあります。

ですので、最初に考えてほしいことは、自院のコンセプト設計です。
コンセプトが曖昧であればマーケティングも集患も失敗してしまいます。

先生のスキルや経験、どんな治療方針で、どんな患者さんの治療をしていくのか?
そこを決めた上で内装に落とし込んでいかないと
本当に来院して欲しい患者さんと、実際に来院する患者さんの相違が出てきてしまいます。

【内装は経営していく上でのコンセプトに直結します】

歯科医院の話ではないのですが、内装とコンセプトが失敗した例を一つお伝えします。

サーティワンというアイスクリーム店をご存知でしょうか?
サーティワンは不二家がやっているアイスクリームチェーンなのですが、
開業当初は今よりももっとポップでピンクなどのカラーで
女子高生などを狙った内装になっていました。

しかし、経営側は女子高生のみではなく、
男性、シニア、大人全ての客層を取ろうと考えていたのですが、
内装が可愛すぎるせいで全く集客できずに売れなかったのです。

今でもかなりポップな内装なので、
全ての客層を取ることはできずに赤字に苦しんでいると思うのですが、
これは、狙ったお客様と内装のギャップによって起こったことだと思います。

そこに気づかなければこれからも厳しいのは変わらないと思います。
女子高生や子供だけだとこのままいけば少子化になるので店舗減少は当然ですよね。

このように、どんなお客様を獲得したいか?を明確にし、
それを内装に落とし込まなければ大きく失敗してしまうのです。

なので、歯科開業医の年収を上げたければスキルアップは当たり前としても、
最初に考えないといけないのは、内装に直結する「コンセプト設計」です。

私は、通常の内装デザインの業者と違って、
先生のキャラクターや方針などもヒヤリングし、
そのコンセプトに合わせた内装の図面を見せて提案させていただいています。

開業医が今以上に患者さんに支持されて年収が上がっていくように。
そのようなお手伝いをさせていただきます。

【本当に患者さんに支持される歯科経営を行える歯科医院のデザインを一緒に考えませんか?】

こんな疑問を感じている先生は今すぐご相談ください。

・開業したいけどどこにデザインを頼めばいいのか?

・どれくらいの金額が適正なのか?

・図面を見てもよくわからないから施工業者の言っていることが理解できない。

・歯科経営についてよくわからない。

ご相談は無料です。

長く患者さんに愛される歯科医院を作っていきたい志の高い先生はお気軽にご相談ください。
お待ちしています。

関連記事

歯科医院内装豆知識ブログ

平面図・設計図診断事例

地域別・坪数別の歯科医院内装事例

【事例】

大阪の歯科内装・改装事例 兵庫・神戸の歯科内装・改装事例 京都の歯科内装・改装事例

【読み物】

大阪の歯科内装・改装・リフォーム事情 兵庫の歯科内装・改装・リフォーム事情

【よく検索されているキーワード】

歯科開業歯科医院内装歯科医院 開業歯科医院 坪単価医院 受付 デザイン歯科内装 大阪

【坪数別で歯科医院改装事例を探す】

10坪未満(1)10坪〜20坪(3)21坪〜30坪(1)31坪〜40坪(2)41坪〜50坪(2)51坪〜60坪(3)61坪〜99坪(2)100坪以上(1)

工事業者でお困りの方へ

歯科医院の小さな工事をご要望の方へ
ページ上部へ戻る